1. JAL財団>
  2. 世界子供ハイクコンテスト>
  3. 第13回大会(日本大会)結果>
  4. 第13回大会(日本大会)全体講評


第13回世界こどもハイクコンテスト“夢”(日本大会) 全体講評
Comment of the examination  
 

           


◆ 講評 中村 忠男 審査委員長/Chairman: Tadao Nakamura  

今回の日本大会コンテストには、国内のみならず海外にある日本人学校からも多数の応募が寄せられました。ご指導いただきました先生方のご尽力に敬意を表します。
「夢」という題で、子どもたちが素直な気持ちを作品に込めてくれました。ケーキ屋さんから宇宙飛行士まで、またピアニスト、サッカー選手、小説家など将来なってみたい職業がたくさん出てきました。虹の上を歩きたいとか、風船で飛びたいとか、ペットの夢を見たいというのもありました。そうした様々な夢の中で、大賞に選ばれた10句は、毎日の生活の中でふと感じた微笑ましい思い、前向きな気持ちをしっかりと詠んだ句が多く選ばれました。年少の子どもたちは概ね前者に、少し大きい子どもたちは後者になるようです。<なりたいなはやくわたしもおかあさん>(6歳)、<おほしさまてにはいったよゆめだよね>(8歳)、<桜まつり夢かなうまでもう一歩>(12歳)、<無限の夢どこへのばそうアンテナを>(14歳)などです。<たびをしてせかいをまわるえかきさん>(10歳)は、絵と一緒にとても楽しい夢のある作品でした。
 夢がありすぎる、まだ夢がない、といった現実的な句もありました。叶う夢も叶わない夢もありますが、夢は大きなものばかりではありませんので、小さな夢でも心の中で大切にしていきたいものです。今回のコンテストへの応募で、子どもたちが少しでも自分の夢に気づいてもらえたら幸いです。

More than a thousand haiku works were submitted for the Japan region contest. Many of them were from boys and girls at the Japanese schools overseas. We are grateful to those teachers who guided their children. On the theme "dream", the children expressed their honest feelings in haiku. Their future dreams in profession included patissier, musician, novelist, soccer player, astronaut, and so on. Some wrote they felt like walking on the rainbow, flying in a balloon, and meeting the (dead) dog in a dream. Of those haiku, ten were awarded the special prize. I want to grow fast and be a mother! (6 years old) A star came in my folded hand, a dream? (8 years old) The cherry festival, one more step toward the dream (12 years old) The dream is unlimited, where to spread the antenna (14 years old) A painter, traveling around the world (10 years old) The last haiku above was full of dream with its cheerful drawing. In some haiku children said they had no dream. They may be too realistic, or they may be facing hardship. Dreams may or may not come true, but even a small dream may be a big help in hardship. I hope this contest has helped them find their own dream through making haiku.


   



◆ 講評 宮下 惠美子 審査委員/Member: Emiko Miyashita

「夢」というテーマは子どもたちの視線を未来へと向けました。ゴールを決めるなどの身近な目標や将来の職業が詠まれ、また一方では、想像をふくらませて詠んだ句も多くありました。花や魚とおしゃべりをしたり、失った家族との再会、楽しい発明品など。短い俳句と絵によって端的に描かれた夢の一つ一つが叶いますようにと選をさせて頂きました。点字作品が増えました事も嬉しいことでした。

The assigned theme of "Dreams" has led the children to look forward into their future. Some dreams were as simple as scoring a goal, or more lofty as when writing about their profession. Many were also written by using imagination: chatting with flowers and fish, reuniting with the lost family members, and fantastic inventions. As I made my selections, I hoped that each clearly depicted dream would come true. It was wonderful to have more entries this year in braille, too.

 
    


◆ 講評 大高 翔 審査委員/Member: Sho Otaka

みなさんの俳句と絵を通して、たくさんの夢に出会いました。真っ白い紙を前にして、未来の自分を想像する豊かな時間があって生まれた俳句と絵だったことでしょう。一人ひとりの、真剣な表情や明るい表情が見えてくるようで、とてもうれしい選句の時間でした。

I had a glimpse into so many dreams through your haiku and drawings. I can feel how these works were born as you let your imagination fly freely toward the future, with just one blank sheet of paper in front of you. I thoroughly enjoyed the selection process as I envisaged the earnest and bright expressions on each of your faces.


    


◆ 講評 野地 陽子 審査委員/Member: Yoko Noji

今回のテーマは夢でした。4歳から15歳までの色々な夢が集まりました。
日常生活のなかの夢を可愛らしくほほえましく表現した園児や小学校低学年の作品、自分と社会との関わりを考え始め少しづつ大人の世界に近づいている小学校高学年、中学生の少年少女達の作品、を通して、子ども達の日々成長していく柔らかな心に触れることが出来たことは何よりうれしいことでした。
今の自分の気持ちを絵にし言葉にした作品はどれも魅力的で一人一人の夢に惹きつけられながらの審査でした。最終的にその年令にふさわしい夢を素直な言葉で詠った句と伸び伸びと描いた絵が一体となって感動を与えてくれた作品を選ばせていただきました。
どうかこの子ども達の夢がかなう世界になるようにと願っています。

Various dreams of boys and girls from 4 years old to 15 years old are expressed. The dreams for the future works as doctor,fireman,scholar,athelete,painter,musician,farmer,etc. The cheerful and childlike dreams as conversation with fish in the sea,rowing Milky Way,catch the star in the hand, serving Santa Claus a cup of cocoa.play football with dinosaur. etc. The ideal dream to make the world with no war and no starvation. The fastastic dream to live in the universe. I am assued that their dreams will be growing more and more for the future. Every work finally selected is so appealing with the straight-forward haiku poem and the colorful painting.


入賞作品ページへ戻る