「地球人講座in大分」(2009/12/11)
JAL財団は、地球規模で考え行動できる人材の育成を目的に、2003年度から海外・国内で『地球人講座』を
開催してきましたが、すでに20回を超え、さまざまな方々に聴いていただきました。 
今年度は大分県大分市の岩田学園にご縁があり、 12月11日(金曜)に岩田学園にかよう中学1年生・2年生、
計224名を対象に実施しました。

いつもの授業とは異なり、大学の教授や研究者による専門的な内容のお話ですが、講師の先生方は平易な
言葉に置き換えてくださっていますので、十分理解はしていただけたと思います。
生徒のみなさんは貴重な宇宙からの画像を見たり、さまざまな航空機の音を聴いたりしながら、先生のお話に
熱心に聴き入っていました。
きっと、生徒のみなさんにとって、新たな発見、あるいは新しい道へとつながったことと思います。

日 時 2009年12月11日(金)  13:30 ~ 16:00
開催会場 岩田学園 (大分県大分市)
内 容
第一部 『地球ってなんだろう』 講師:坂田 俊文(さかた としぶみ)先生
第二部 『音と飛行機の話』 講師:山田 一郎(やまだ いちろう)先生
 

  
いよいよお話が始まります 山田先生
「最近、飛行機のジェット音が静かになったでしょ?」
坂田先生
「地球と月の大きさの差はこのくらい」
熱心に聴いていた生徒たちから質問の手が挙がりました。 坂田先生、山田先生、ありがとうございました

  
主催 日本航空大分支店、日航財団、空港環境整備協会
共催 岩田学園、地球科学技術総合推進機構、東海大学