JALスカラシップ 2021年 JALスカラシッププログラム 海外学生参加者募集 COVID-19感染防止のため中止となりました。3/31更新

JALスカラシッププログラムとは

JALスカラシッププログラムは、毎年、アジア・オセアニアの大学・大学院生を日本に招待し、研修や文化交流を通じて日本への理解や、国境を越えた相互 理解を深めて頂き、また将来のアジア・オセアニア地域を担う若者へと育成することを目的として開催しております。このプログラムは1975年に日本航空によって創設され、1990年に発足したJAL財団がその運営を引き継ぎ、時代のニーズを反映しながら内容の充実 を図りつつ、これまでに1,641名の学生をお迎えしております。なお、その卒業生の多くが、広く世界で活躍されております。

What is JAL Scholarship Program?

The JAL Scholarship Program invites college students from across Asia and Oceania to Japan every year and provides them with opportunities for workshops and cultural interchange. Through these activities, the Program aims to enhance their understanding beyond national borders. This Program also aims to develop young men and women who w川assume future leadership role in the region. The Program was launched in 1 975 by Japan Airlines. The JAL Foundation took over the management of the Program when it was established in 1 990, and has been working to improve its content each year, in tune with the needs of the times. A total of 1,641 students overseas have participated in the Program so far, and many alumni are playing active role in the international community.

開催期間Period
2021年6月28日(月)~7月12日(月)計15日間
※日程は予定であり、変更になる場合があります。
28 JUN (MON)~ 12 JUL (MON),2021 (15days)
*The Schedule may be subject to change.
2O21JALスカラシップ
プログラム 開催テーマThe main theme of the 2O21
JAL Scholarship Program
SDGs持続可能な社会へ、将来世代のために私たちができることを考えよう
  1. 開発と環境保全について考えよう。(宗像地区において)
  2. 環境について考えよう。将来世代のために今私達にできること~(東京にて実施予定)
SDGs For a Sustainable Society Let's think that we should do towards the next generation
  1. Let's think the development and environment preservation (In munakata area)
  2. Let's think what we can do to save the environment (In Tokyo)
内容:日本語プログラムProgram Contents :
Japanese Program
  1. 講演
    福岡県で実施される講演は、テーマに沿った内容で実施し、参加学生に学びの場を提供し、考察してもらう課題を提示します。
  2. フィールドワーク
    日本人学生も交えて、各地でテーマに沿った施設見学、実地踏査、取材、インタビュー等を通じて、プログラムメインテーマについて考える機会を提供します。
  3. 学生セッション、グループ討議、グループ発表
    日本人学生と混合でグループに分かれ、フィールドワークの成果等を踏まえてグループディスカッションを行います。
    東京では、最後に日本人学生とグループ単位での発表を行います。
  4. ホームステイ(東京)
    日本の家庭に迎えて頂いて、日本人の生活習慣や、行動様式等について理解を深めます。
  1. Key Note Speech and lectures
    The participants will acquire and develop comprehensive knowledge and a clear understanding of this program's theme.
  2. Field Work
    Field Work consists of visits to various facilities and historic sites, joint field surveys with Japanese students, and interviews with local people. We will provide participants with chances to visit actual field site so that they can increase their awareness of Japan.
  3. Students Session&Group Discussion Group Presentation
    The participants will form groups mixed with Japanese students to conduct group discussions and surveys for specific agendas. SDGs.A Group Presentation will be held at the last part in Tokyo.
  4. Home stay (Tokyo)
    The participants will deepen their knowledge and understanding of Japanese customs and ways of life by experiencing Japanese lifestyles first-hand with host families.
費用についてExpenses
参加者の個人的費用(電話代、土産物費用など)を除く、以下の費用は財団が負担・提供します。
  1. エコノミークラス航空券(参加者の居住地の最寄りのJAL便就航地と東京間の往復券)
  2. 日本国内で必要な交通費
  3. 宿泊費・飲食費(宿泊施設等より提供するか、若しくは、食費を支給)
  4. 海外旅行傷害保険(盗難、手荷物の破損・紛失、怪我、病気等による入院、通院、死亡保障など)保険料
The following expenses, not including personal expenses (e.g. telephone and souvenirs), will be paid by the sponsor and supporting organizations:
  1. Economy class airfare on Japan Airlines between Tokyo and the airport nearest to the student's residence served by JAL
  2. All transportation in Japan during the official program, including domestic air/rail travel to cities outside Tokyo All accommodation and meals
  3. Traveler's accident insurance (Note: Japanese entry visa fee, when applicable, must be paid by the participating students.)
応募条件Applicant requirements
  1. 20歳以上25歳以下であること。
  2. 日本航空各支店・事業所の所在国・地域の出身で、各国・地域内の大学・大学院に在学していること(卒業生不可)。
  3. 原則として、日本語能力検定試験2級以上であること。注:講義、ディスカッションを日本語で行うことから、それを理解できる能力を有していること。
  4. 全ての企画されたプログラムに参加し、プログラムの運営に積極的に協力し、規律を守ることが出来ること。
  5. 来日、帰国の際には、主催者の指定する航空便を利用し、その他利用交通機関の指定がある場合は従うこと(個人的な理由による来日・帰国時の、搭乗日、搭乗便の変更は認められません)。
  6. プログラム開始前の事前課題の検討、及び終了後のレポート作成に取り組み、主催者が指定する日までに各々を提出すること。
  • 上記①~⑥を満たすことが難しい場合などは財団担当者へご相談ください。

選考上の要件:選考にあたって以下を重視いたします。

  1. 日本に興味・関心があり、文化・習慣を積極的に体験する意思があること。
  2. 明るく協調性があり、健康であること。
  3. なるべく日本に滞在したことの無い方を優先します。
  1. Be aged 20 to 25 years old when the program commences.
  2. Be a citizen of the country/region which he or she is applying for the program from and must be either an undergraduate or postgraduate student in that country/region.
  3. In principle, have a command of Japanese equivalent to or above Japanese Proficiency Test Level 2. (All the lectures and discussions will be prepared and conducted in Japanese.)
  4. Attend all classes, all sessions, and all activities scheduled by the organizer.
  5. Take the specified transportations and flights to/from Japan. No changes of flights for personal reasons will be permitted.
  6. Submit reports on the task assigned prior to the program start as well as on the program activities by the due dates.

Application Criteria

  1. Have an interest in Japan and be willing to experience Japanese culture and customs.
  2. Be healthy, of a cheerful disposition, and able to get along well with others.
  3. The person who has not been to Japan would be chosen on a priority basis friendly toward Japan.
募集地域・人数・選定プロセスなどProcess of application
2021 JALスカラシッププログラムでは、下記の国・地域で日本語を学ぶ大学生・大学院生(原則として各国・地域1名)を日本に招待します。
招待国・地域一覧
ソウル、プサン、北京、大連、上海、広州、香港、台北、高雄、フィリピン、ハノイ、ホーチミン、タイ、力ンボジア、ラオス、ミャンマー、マレーシア、シンガボール、インドネシア、インド、オーストラリア、グアム。
選考プロセス
参加者の選考は各国・地域の日本航空支店に委託しております。メインテーマに関して作成・提出して頂いた日本語小論文の審査と面接により選考することを基本とし ますが、選考プロセスは各国・地域により異なる場合があります。
The 2021 Program invites university students who are studying the Japanese language in the following countries and regions. In principle, one student per city will be selected from the respective country or region.
Countries and regions participating in the Program
Seoul, Busan, Beijing, Dalian, Shanghai, Guangzhou, Hong Kong, Taipei, Gaoxiong, Philippines, Hanoi, Ho Chi Minh City, Thailand, Cambodia, Laos, Myanmar, Malaysia, Singapore, Indonesia, India, Australia, Guam.
Selection Process
Selection of the students will be entrusted to Japan Airlines branch offices in the respective countries and regions. Accordingly, the selection process may differ depending on the country and region; however, the basic method will be an essay in Japanese on the main theme as well as interviews.
お問い合わせ先Inquiry
Japan Airlines branch offices
韓国
Korea
北京
Beijing
大連
Dalian
広州
Guanzhou
香港
Hong Kong
台北
Taipei
高尾
Kaohsiung
フィリピン
Philippines
ハノイ
Hanoi
ホーチミン
Ho Chi Minh City
タイ、カンボジア、ラオス、ミャンマー

Thailand,Cambodia,Laos,Myanmar)

マレーシア
Malaysia
シンガポール
Singapore
インドネシア
Indonesia
インド
India
オーストラリア
Australia
グアム
Guam
JAL財団
To PageTop